当センターについて

岩手産業保健総合支援センター事業内容

平成26年4月より、従来の3つの産業保健事業(産業保健推進センター事業、メンタル対策支援事業及び地域産業保健事業)を一元化し「産業保健活動総合支援事業」として、事業場の産業保健活動を総合的に支援します。独立行政法人労働者健康安全機構が事業の実施主体となり、地域の医師会等の関係者の皆様にご協力をいただきながら事業を行っていきます。

全国47箇所に設置する都道府県産業保健総合支援センターでは、事業者や産業保健スタッフ等を対象に、専門的相談対応、研修、メンタルヘルス対策の普及促進のための個別訪問支援、管理監督者、若年労働者向けのメンタルヘルス教育、産業保健に関する情報提供等を実施します。

都道府県の地域ごとに設置する地域産業保健センターでは、常時50人未満の労働者を使用する事業者等を対象に、労働者の健康管理(メンタルヘルスを含む)に係る相談、健康診断の結果についての医師からの意見聴取、長時間労働者及びストレスチェックに関わる高ストレス者に対する面接指導、個別訪問指導等を実施します。

主に次の事業を行っていますが、詳細及びご不明な点は、岩手産業保健総合支援センターへお問合せください。

平成29年度 研修一覧及び相談窓口予定表

1. 産業保健関係者に対する専門的研修等

産業医、保健師、衛生管理者等の方々を対象に産業保健に関する専門的かつ実践的な研修を実施します。また、当センター以外の団体が実施する研修について、教育用教材の貸与、講師の紹介等の支援を行います。

2. 産業保健関係者からの専門的相談対応

産業医学、労働衛生工学、メンタルヘルス、労働衛生関係法令等に豊富な経験を有する専門スタッフが、産業保健に関する様々な問題について、窓口、電話、メール等でご相談に応じ、解決方法を助言しています。また、事業場の具体的な状況に応じた専門的な支援が必要な場合には、事業場を訪問する実地相談も実施しています。

3. メンタルヘルス対策の普及促進のための個別訪問支援

メンタルヘルス対策に精通した専門スタッフが中小規模事業場に赴き、ストレスチェック制度の導入について具体的なアドバイスをするなど、職場のメンタルヘルス対策推進のための支援を行います。また、管理監督者、若年労働者を対象とした、メンタルヘルス教育も実施しています。

4. 治療と職業生活の両立支援

治療中の労働者が就労を継続するために、事業場に対する支援を行います。特に、「がん」などの疾病を抱える労働者を対象とした支援も実施しています。

5. 産業保健に関する情報提供・広報啓発

ホームページ、メールマガジン、情報誌の発行を通じて、産業保健情報をお知らせしています。また、専門図書の貸出等も行っています。※メールマガジン登録はセンターホームページからお願いします。

6. 事業主・労働者に対する啓発セミナー

事業主を対象とした、職場における労働者の健康管理等の産業保健に関する啓発セミナーや、労働者を対象とした、労働者のメンタルヘルス、生活習慣病対策等のセミナーを実施しています。

センターへのアクセス

ご利用いただける日時 休日を除く毎日 午前8時30分から午後5時15分
休日 毎土・日曜日及び祝祭日・年末年始
最寄り駅のお知らせ JR盛岡駅新幹線北改札口から徒歩2分
住所 盛岡市盛岡駅西通二丁目9番1号マリオス14階
TEL 019-621-5366
FAX 019-621-5367