治療と仕事の両立支援について

「治療と仕事の両立支援」とは、病気を抱えながらも、働く意欲・能力のある労働者が、仕事を理由として治療機会を逃すことなく、また、治療の必要性を理由として職業生活の継続を妨げられることなく、適切な治療を受けながら生き生きと働ける社会を目指す取り組みです。

ポータルサイト
ポータルサイト
ポータルサイト

両立支援に関する資料、情報提供

ちりょうさ

事業場における治療と仕事の両立のための取組や両立支援制度の導入等を支援するため、無料で以下のサービスを実施しています。

研修・セミナーの実施

両立支援の取組を普及促進するため、事業者・人事労務担当者や、産業医・衛生管理者等の産業保健スタッフ、治療従事者等を対象に、専門的研修や事業者啓発セミナー等を実施します。
<<研修ページへ>>

事業場への個別訪問支援

両立支援に取組む事業場等からの支援要請を受けて、両立支援促進員(保健師等)が事業場に訪問し、相談や職場環境整備(体制づくり、規程・制度整備等)、管理監督者や労働者に対する治療と仕事への理解を促す教育を実施します。
<<訪問支援ページへ>>

窓口での相談対応

両立支援に関する事業者、人事労務担当者、産業保健スタッフ及びがん等患者などからの両立支援に関する相談に、面談(要予約)や電話、メール等により対応します。
※ご相談・お問い合わせの方・面談による相談・個別訪問支援ご希望の方は事前予約が必要です。ご希望の方は申込書(FAX)又はお問い合わせフォームにてお申し込みください。
<<相談ページへ>>

助成金

「環境整備コース」
事業主の方が「両立支援環境整備計画」を作成し、計画に基づき新たに両立支援制度の導入を行い、かつ、両立支援コーディネーターを配置した場合に助成を受けることができる制度です。
<<概要など>>

「制度活用コース」
事業主の方が両立支援環境整備計画期間内に事業所に配置されている両立支援コーディネーターを活用して両立支援プランを策定し、対象労働者に適用した場合に助成を受けることができる制度です。
<<概要など>>

岩手医科大学附属病院 医療福祉相談室・岩手県立胆沢病院 医療情報コーナーでの相談対応(出張相談窓口)

当センターの両立支援促進員が岩手医科大学附属病院の医療福祉相談室、岩手県立胆沢病院医療情報コーナーに出張してがん患者等からの両立支援に関する相談に対応します。

※ご相談を希望される方は申込書(FAX)又はお問合わせフォームにより当センターにお申込みいただくか、岩手医科大学附属病院医療福祉相談室、岩手県立胆沢病院地域医療福祉連携室にお申し出ください。
<<相談ページへ>>

◎岩手医科大学附属病院 医療福祉相談室 出張相談窓口:毎月第3火曜日13:00~16:00

岩手医科大学附属病院(矢巾)医療福祉相談のご案内
内丸メディカルセンター 医療福祉相談のご案内

◎岩手県立胆沢病院 医療情報コーナー 出張相談窓口:毎月第4火曜日11:30~14:00

両立支援促進員紹介

氏名 備考
阿部 惠美子 保健師、看護師 (産業保健相談員と兼務)
岩手県在宅保健活動者連絡協議会
村木 眞樹子 看護師、シニア産業カウンセラー (産業保健相談員と兼務)
(一社)日本産業カウンセラー協会
神田 永子 社会保険労務士(産業保健相談員と兼務)
神田社会保険労務士事務所
福島 ナルミ 保健師・看護師
盛岡地域産業保健センター