コラム122号 掲載

  • カテゴリ
  • 月別
    アーカイブ

〓〓★☆〓〓★☆〓〓★☆ ≪ コラム ≫ ☆★〓〓☆★〓〓☆★〓〓

 気が付けばもう12月、師走ですよ。
 読者の皆さまも忙しく走り回っていらっしゃるんでしょうか?それとも、そろそろ一段落着いたころでしょうか?
 最近めっきり日が暮れるのが早いと思ったら、今度の土曜日12月22日は冬至ですね。一年で一番昼の時間が短い日です。

 この時期に少し遅い時間の電車に乗ると、ご機嫌なご様子の方々で車内が賑わっています。忘年会シーズンもピークですね。皆さまのところでは忘年会はお済みですか?プライベートも含め2回、3回と忘年会をやったよという方もいらっしゃるかと思います。
 また、まだまだ忘年会の予定があるよという方、忘年会は終わったけど仕事納めの飲み会があるという方もいらっしゃるかと思いますが、一年間の憂さ晴らしだぁ~、無礼講じゃ~、ストレス発散だぁ~と無理な飲み方はくれぐれもなさらないようにお願いします。

 ストレスと言えば、ストレスチェック制度が始まって丸三年が経過しますが、そろそろストレスチェックの実施には慣れてきたでしょうか。
 制度が始まった直後は、ストレスチェックって何?から始まって、どうやって実施するの?誰がやるの?などなど実施方法に関する問合せやご相談を数多く頂戴しましたが、最近はそのような相談はほとんどなくなってきました。実施が定着した現れだと感じています。

 最近寄せられるのは、ストレスチェックって実施すればそれでいいの?といった相談です。
 確かに、健康診断とは違い、個々人の結果を把握できにくく、担当者としては「実施しっぱなし」といった感じがして、物足りなさを感じるのかもしれません。

 ストレスチェックには、受けた本人に対して自分自身のストレス状態を把握するきっかけを与え、セルフケアを促すということが目的の一つとなっていますが、もう一つ目的があり、それは事業場に対し、部署ごとの集団分析を実施し、部署ごとのストレス要因の傾向をつかみ、職場環境の改善を行いストレスフリーの職場・事業場を目指すというものですが、これがなかなか難しい。
 今までやったことがないものなので、みなさん戸惑いがあるようです。

 当センターが実施する研修会の際に実施しているアンケートの結果を見てみると職場環境改善をテーマとしてもらいたいとの要望が多く寄せられています。
 このような状況から、当センターではこのストレスチェック結果に基づく職場環境改善をテーマとした研修会を2月に追加実施することといたしました。

 詳細は研修会開催予定でご確認ください。
 是非多くの方にご参加いただきたいと思います。

岩手産業保健総合支援センターでは、治療と職業生活の両立を応援します!