コラム131号 掲載

  • カテゴリ
  • 月別
    アーカイブ

〓〓★☆〓〓★☆〓〓★☆ ≪ コラム ≫ ☆★〓〓☆★〓〓☆★〓〓

 先週一週間、ごみ置き場の清掃当番がありました。
 その日はペットボトルの処分日で、45リットルの袋が4つも残されて「回収不能」の黄色いシールが貼りつけられていました。
 いよいよ当番の仕事です。回収してもらえるように再梱包する必要があります。

 その4つの袋は一人の方が出した物のようで、中身は、アルコール1、ジュース類1、炭酸8の割合で、アルコール以外のペットボトルは全て内容物が入っていました。
 キャップを外し、内容物を出し、ラベルを剥がし分別する。暴言を吐きながら2人で1時間の作業。その方の飲料事情を考えるに、アルコールの炭酸割を飲んでいて、時折ジュースを飲む。ジュースは甘すぎて半分も飲めないが、イチゴオレは美味しかったので2本目も買ってみた、といったところでしょうか。

 今回の収穫は、500mlの飲料を1人で飲むには容量が多く余っても処分することには抵抗がない、それを超える容量では計画的に消費行動をするので、余すことなく使い切る、でした。

岩手産業保健総合支援センターでは、治療と職業生活の両立を応援します!