コラム158号 掲載

〓〓★☆〓〓★☆〓〓★☆ ≪ コラム ≫ ☆★〓〓☆★〓〓☆★〓〓

「治療と仕事の両立支援」とは、「治療と仕事の両立」をしたい労働者への支援です。

「岩手県地域両立支援推進チーム」をご存知でしょうか?
推進チームとは岩手労働局に設置(事務局健康安全課)された、地域の関係者(岩手県、医療機関、企業、労使団体、さんぽセンター等)が連携し、両立支援に係る関係施策の横断的な取組の促進を図っています。

例えば、岩手県がん診療連携拠点病院内のがん相談支援センターでは医療ソーシャルワーカー等が、がんの治療について、経済的負担や支援について、療養生活の過ごし方について、仕事についてのなど様々な相談を受け付けています。

当センターでも≪2 お知らせ≫(メルマガ第158号)に記載された4つの病院におい相談窓口を設けています。その他にも「働く人の悩みホットライン」等の電話相談窓口があります。
詳しくは、岩手労働局のHPで相談窓口一覧等が確認できます。

https://jsite.mhlw.go.jp/iwate-roudoukyoku/content/contents/03madoguchiichiran.pdf

治療と仕事を両立するには いろいろな悩みがあると思います。
相談先は色々あることを知っていただき、必要な方に伝えていただきたいと思います。

次回は、今年度の最後の基礎研修募集申込期間が迫る、治療と仕事の両立支援コーディネーターについて説明したいと思います。

  • カテゴリ
  • 月別
    アーカイブ